大谷「原点」花巻東で卒業式「つらいことも楽しいこともあった」

[ 2013年3月2日 11:52 ]

花巻東高の卒業式に臨む日本ハムの大谷翔平投手(中央)

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、大谷翔平投手が2日、岩手県花巻市の花巻東高の卒業式に出席し、高校生活に別れを告げた。「野球はここが原点。つらいことも楽しいこともたくさんあった3年間だった」と振り返った。

 午前10時に始まった式典で、クラスメートとともに拍手に迎えられて入場。卒業証書の授与で名前を呼ばれると、緊張した表情で「はい」と答え、その場に立ち上がった。小田島順造校長からは同校初の「特別功労賞」が贈られた。

 久しぶりに再会したチームメートからは「沖縄キャンプで日焼けしたな」と声を掛けられたそうで「1軍で活躍する姿を、早く仲間や応援してくれる人に見せたい」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月2日のニュース