ジオ「ノー!」 稲葉と接触し負傷降板…借金ついに14

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<日・D>初回2死三塁、稲葉と交錯し左太腿裏を痛めたDeNAのジオ

交流戦 DeNA1-3日本ハム

(5月23日 札幌D)
 DeNA先発・ジオが初回2死三塁、稲葉の一ゴロの際に一塁ベースカバーが遅れ、一塁上で稲葉と接触して転倒。左太腿裏を痛めて緊急降板した。

 試合後は「ノー!」と質問を受け付けず険しい表情。軽い炎症とみられ、24日に出場選手登録を外れる。ブランドンは10日の巨人戦(東京ドーム)で打球が右膝直撃、国吉と山本は2軍で再調整中で、開幕ローテーションの6人中4人が離脱。連敗で借金が今季ワースト14まで膨らんだ中畑監督は「ジオは10日間で戻ってきてくれると期待している。先発はやりくりしていく」と、代役の筆頭候補に小杉を挙げていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース