イチロー5試合でストップ…川崎は出番なし

[ 2012年5月24日 08:36 ]

レンジャーズ戦の7回、上原から空振り三振を喫し、4打数無安打で終わったマリナーズのイチロー

ア・リーグ マリナーズ5―3レンジャーズ

(5月23日 シアトル)
 マリナーズのイチローは23日、シアトルでのレンジャーズ戦に「3番・右翼」で出場し、4打数無安打。内容は二直、三ゴロ、遊ゴロ、空振り三振で、打率は2割8分3厘。川崎は6試合連続で出場機会がなかった。試合は5―3で勝った。

 イチローは1回1死二塁の好機で内角のカットボールをうまく捉えたが、ライナー性の打球は二塁手の正面に。7回は上原の外角フォークボールに空振り三振を喫するなど4打席で快音を響かせられず、連続試合安打は5試合でストップした。

 チームとしてはベテラン右腕ミルウッドの力投や、若手有望株リディのメジャー初の満塁本塁打がハイライトに。ウェッジ監督は「ミルウッドはあの(強力)打線相手に本当にいい仕事をした。リディの一発も大きかった」と手放しで褒めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース