U―15日本代表 政情不安でメキシコでの世界大会辞退

[ 2012年5月24日 06:00 ]

 全日本アマチュア野球連盟は23日、都内で評議員会を開き、8月にメキシコで開かれる15歳以下世界大会について、政情不安を理由に日本代表の派遣を辞退したことなどを報告した。

 大会には米国、オーストラリアなども不参加を表明しているという。また20年夏季五輪開催を目指す東京招致委員会の荒木田裕子スポーツディレクターが訪れ、招致活動への協力を要請。評議員会は五輪招致に向けて支援することを全会一致で決議した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース