計12四死球に岡田監督“怒”「逃げる投手はいらんよ」

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<オ・神>5四球の中山(手前)に厳しい表情のオリックス・岡田監督

交流戦 オリックス2-8阪神

(5月23日 京セラD)
 オリックスは投手陣が連鎖反応的に制球を乱し、計12四死球を出した。

 今季初の4連勝はならず、昨季からの阪神戦の連勝も4で止まった。5四球の先発の中山に、岡田監督は「何でやろう。分からんけどな」とあきれ顔。さらに4回、救援したマクレーンが押し出し死球、7回にはミンチェが押し出し四球と自滅で失点を重ねた。指揮官は「逃げる投手はいらんよ。ファームやん」と怒り心頭だった。

 ▼オリックス・ミンチェ(3失点で2軍降格へ)無駄な四球が一番いけない。下でもう一回考えないと…。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース