明大・岡大 延長10回に力尽く 投打に奮闘も…

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<早大・明大>8回1死一、三塁、竹内のニゴロで三本間で挟殺される明大・岡大(右)。左は早大・杉山

東京六大学野球第6週最終日 明大6―7早大

(5月23日 神宮)
 明大は終盤に2度追いつく執念をみせたが、2季連続の優勝はならなかった。

 岡大は8回の同点打を含む3安打を放ち、投げては5回1/3のロング救援と奮闘したが、延長10回に力尽きた。善波達也監督は「追い越すチャンスもあったが、私のやり方が悪かった。早大の4年生の諦めない気持ちを感じた。秋は取り返せるようにやっていきます」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース