村田13試合53打席ぶり一発「杉内の時はよく打ちます」

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<西・巨>2回無死、左中間に先制本塁打を放つ巨人・村田

交流戦 巨人2-0西武

(5月23日 西武D)
 盟友への、主砲らしい援護射撃だった。2回。巨人・村田の先制弾が左中間スタンドに消えた。

 杉内が完封勝利を挙げた5月4日の阪神戦(甲子園)以来、13試合53打席ぶりの一発に「俊哉(杉内)の時はよく打ちますね。同い年で昔から知っているし、同じ時期に入団しましたから」。同じ福岡県出身の交流戦エースに負けない活躍。これで単独トップの交流戦での本塁打数も45本に。原監督も「修(村田)の1点が非常に重かった。投手がしっかり守り、打者も取れる時に点を取れている」とうなずいた。

 ▼巨人・高橋由(8回に追加点につながる右翼線二塁打)もっと打てれば良かったが、何とかチャンスメークできたのは良かったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース