ヤクルト今季初4連敗…小川監督は悪送球の田中に苦言

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<ロ・ヤ>今季初の4連敗に渋い表情のヤクルト・小川監督

交流戦 ヤクルト1-5ロッテ

(5月23日 QVC)
 ヤクルトは通算2勝8敗と苦手にしているグライシンガーに7回まで三塁も踏めずに、今季初の4連敗を喫した。

 小川監督は「巨人時代はカーブとか変化球が多かったけど、きょうは直球が多かった」と険しい表情。拙守も響いた。5回に二塁・田中が先頭の角中のゴロを一塁へ悪送球。先制点を与えるきっかけとなり指揮官は「せっかく締まっていた試合が…」と苦言を呈していた。

 ▼ヤクルト・赤川(5回1/3を5安打4失点で3敗目)粘り強さ、我慢強さが足りなかった。

 ▼ヤクルト・田中(5回に角中のゴロを一塁に悪送球)イージーミス。足を引っ張ってしまった

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース