楽天・嶋が登録外れる 右親指骨折で全治1カ月

[ 2012年5月24日 17:36 ]

 楽天の嶋基宏捕手が24日、右親指付け根の骨折で出場選手登録を外れた。この日、仙台市内の病院でエックス線検査などを受け、第1中手骨基底部の骨折で全治約1カ月と診断された。骨をピンで固定する手術を行うという。

 嶋は13日のオリックス戦で5回の守備の際にファウルボールが当たり、負傷交代したが、16日以降の交流戦でも痛みをおして強行出場していた。代わりに伊志嶺が昇格した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース