阪神 交流戦初白星!先制打の新井「優勝目指して」

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<オ・神>交流戦初勝利。ヒーローインタビューを終えファンに向かって手を振る阪神・新井

交流戦 阪神8-2オリックス

(5月23日 京セラD)
 チームリーダーらしい打撃は、詰まった二塁ゴロに集約されていた。1点リードの7回無死二塁。阪神・新井は内角に食い込んできた香月のシュートを、逆方向に打ち返した。1死三塁の状況をつくり、ベンチからマートンの中前適時打を見届けた。

 「チームメートを信じて、後ろにつないでいこうと。マートン、ナイスバッティングです」

 球団ワーストタイの交流戦5連敗。前夜は打線がわずか4安打で、今季7度目の零敗を喫した。この日の試合直前には、三塁ベンチ裏で緊急ミーティングが開かれた。輪の中心には和田監督。「一球、一打席に集中しよう。日々新たなんだ。きょうから線を引いて」とナインを諭した。

 嫌な流れを払しょくしたのは、新井のバットだった。初回2死一、三塁から左前に運ぶ先制打。3試合ぶりの打点は、リーグトップタイの25打点目だ。勢いづいた打線は、6本のタイムリーを含む11安打で8得点。12球団で唯一、勝ち星がなかった交流戦でようやく白星を挙げ「僕たちは優勝を目指してやっている」とお立ち台で声を弾ませた。

 鳥谷を13試合ぶりに1番から3番に戻すなど、オーダー組み替えも奏功した。最終回は6点差がありながら、和田監督は藤川を起用。守護神は3者凡退で試合を締めた。指揮官は「選手も苦しんだし、ファンの方にも心配をかけた。初勝利できたので、はい上がっていきます」と宣言。借金2からの再浮上を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース