1年生・吉永 重責果たした!昨夏甲子園Vに続く栄冠

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<早大・明大>優勝を決めバンザイしてマウンドへ走り出す吉永(右端)ら早大ナイン

東京六大学野球第6週最終日 早大7―6明大

(5月23日 神宮)
 史上3人目の1年春の5勝目を懸けて先発した早大・吉永は、7回まで2失点と試合をつくったが、8回無死二、三塁としたところで降板。しかし2番手の高梨が同点打を浴びて開幕5連勝はならなかった。

 それでも4勝と防御率1・26はともに堂々のリーグトップ。優勝に大きく貢献した大物新人は「試合前は甲子園の決勝よりプレッシャーがあった」と打ち明けた。「結果的にチームが勝てたのでうれしい。これからも何勝というのは意識せずに、任された試合で全力を尽くしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月24日のニュース