成瀬 被弾も3年連続の開幕投手決定!

[ 2012年3月22日 17:18 ]

西武戦に先発し、7回を6安打2失点だったロッテ・成瀬

オープン戦 ロッテ3―5西武

(3月22日 QVC)
 ロッテの成瀬が西武とのオープン戦で先発し、7回を1本塁打を含む6安打2失点、4三振1四球だった。

 3回に満塁の場面を無失点で切り抜けた成瀬だったが、7回に好調の西武のヘルマンに右二塁打を許すと、1死から中島にストレートを左翼席中段に運ばれ、逆転を許した。左のエースは「思ったところに球がいかず、打者の内角に投げられなかった」と反省しきり。

 逆転を許す一打はあったが、ピンチを背負ってもリズムは乱れなかったところに西村監督もひと安心。試合後に西村監督は「十分でしょう。開幕は成瀬でいきます」と3年連続で開幕投手を託すことを明言した。

 ロッテは最近の10年で、開幕戦の勝利が1度だけ。成瀬も過去2年は白星につなげられなかった。「きょうのような粘りの投球をしたい。勝ち星がほしい」と抱負を話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース