三重 開幕試合勝利は優勝の兆し?

[ 2012年3月22日 06:00 ]

<三重・鳥取城北>5回1死、三塁、岡本は中越え適時二塁打を放ち二塁へむかう

第84回選抜高校野球第1日 三重6-5鳥取城北

(3月21日 甲子園)
 三重は同点の8回、相手のミスに乗じて3点を勝ち越し、開幕試合を制した。

 この日3本目の安打で出た主将の岡本が、犠打で二進。その後、三浦の打球を遊撃手がはじいた間に本塁へ。小田の二塁打と振り逃げの間にも加点した。1969年に優勝した時も開幕試合に勝って波に乗った。沖田展男監督は「少ないチャンスをしっかりものにできた」と手応えを口にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース