岡田監督 金子離脱で木佐貫、小松の先発あり得る

[ 2012年3月22日 11:06 ]

オープン戦 オリックス0-3DeNA

(3月21日 横浜)
 オリックスの岡田監督が不測の事態を想定して万策を施す。

 21日、中継ぎで1イニングずつ投げた木佐貫と小松について言及。「先発が流動的やから準備もさせる」と、ともに先発要員として準備させる考えを示した。

 右上腕と腰の張りで調整が遅れる金子の開幕投手が既に消滅。「2月1日に決めた投手も開幕で投げられへん。調子の良しあしもあるしな。そんなうまいこといかへんよ」。百戦錬磨の指揮官はあらゆる道を模索して最善の準備を整えていく。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース