田沢 最長投球で好投 ボビーも評価「良くなっている」

[ 2012年3月22日 12:33 ]

オープン戦 レッドソックス5―6パイレーツ

(3月21日)
 レッドソックスの田沢は21日、フロリダ州ブラデントンでのパイレーツ戦に3―4の4回から2番手で登板し、3回を1安打無失点、2三振と好投した。

 オープン戦最長となる3回を1安打0点に抑えた田沢は「勝負したいカウントでしっかり投げられた」と振り返った。登板直後に左翼線二塁打を打たれたが、後続を伸びのある速球で打ち取ってピンチを切り抜けた。

 バレンタイン監督は「良くなっている。きょうは狙ったところに投げていた」と好印象を抱いた様子。大リーグ生き残りを懸ける田沢は「残れる残れないは、僕が決められることじゃない。自分のやるべきことをしっかりやっていく」と気を引き締めた。(共同)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース