小林繁さん教え子 敦賀気比エース山本翔リズム乗れず

[ 2012年3月22日 06:00 ]

<敦賀気比・浦和学院>8回表1死、敦賀気比・山本翔(左)は小暮の打球を受け倒れこむ

第84回選抜高校野球第1日 敦賀気比2-10浦和学院

(3月21日 甲子園)
 4回までに5点を失った敦賀気比のエース左腕・山本翔は「甘い球を見逃さずに振ってきた」と唇をかんだ。8回には打球をみぞおち周辺に受け、左翼の守備に回るなど苦しんだ。

 8回には打球をみぞおち周辺に受け、左翼の守備に回るなど苦しんだ。中学時代は巨人、阪神で活躍した故小林繁氏が総監督を務めていたオールスター福井でプレー。「気持ちで負けるな」という教えを守り、攻めの投球を宣言していたが「試合中に修正できず、テンポよく投げられなかった」とうなだれた。

 ▼敦賀気比・西川主将 レベルの差を感じた。相手はどんどん振ってきたが、自分たちは積極性がなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース