石巻工地元商店街に150人!あきらめない選手らに声援

[ 2012年3月22日 18:27 ]

石巻工高が四回に逆転し、大喜びする地元住民ら

第84回選抜高校野球大会第2日 第3試合 石巻工5-9神村学園

(3月22日 甲子園)
 「これでこそ“あきらめない街、石巻”の選手だ」。22日の選抜高校野球大会で健闘むなしく敗れた宮城県の石巻工高。地元、石巻市の商店街では東日本大震災の津波をかぶって廃業した店舗に200インチ以上の大型スクリーンが設置され、集まった約150人がナインに声援を送った。

 会場では、甲子園球場の応援団とおそろいのジャンパーやメガホンが配られて雰囲気満点。4点を追う四回、5点を挙げて一気に逆転すると大歓声に包まれた。

 自宅のテレビで観戦していた今川藤雄さん(70)は「居ても立ってもいられない」と自転車で駆けつけた。試合は負けたが「石巻の根性を見せてもらい、勇気をもらった」と涙ぐんだ。

 津波で店舗が全壊、昨年12月ようやく営業再開にこぎつけた呉服店専務奥村恵英さん(53)は「選手は本当によく頑張った。この経験を糧に一回りも二回りも成長してほしい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース