浪速のダル藤浪 精神面強化が生きた!大谷に勝った!

[ 2012年3月22日 06:00 ]

<花巻東・大阪桐蔭>9回2死一、三塁、大阪桐蔭・藤浪は最後の打者を空振り三振にしとめて雄たけびをあげる

第84回選抜高校野球第1日 大阪桐蔭9-2花巻東

(3月21日 甲子園)
 最後の打者を空振り三振に仕留め、藤浪は長い両手を大きく広げてマウンドを駆け降りた。ともに1メートル90以上の長身で、最速150キロ以上を誇る大谷との注目の対決を制し、その名前を全国に知らしめた。

 「苦しい場面が多かったが、勝ててよかった。序盤は浮ついてしまって本来のストレートを投げられていなかったが、後半からは攻めの気持ちを思い出して、切り替えることができた」

 粘り強く投げ抜いた。1メートル97の長身から初回にいきなり自己最速タイの150キロを叩き出すなど、立ち上がりからアクセル全開。2回に4番・大谷にすっぽ抜けのスライダーを右翼席に運ばれたが、笑顔をつくって気持ちを切り替えた。「打ってくれると信じていたので“1点くらい、いいか”と開き直りました」。2点目を許した4回にはナインから「打てるから大丈夫」と励まされ落ち着いた。5回以降は直球とカットボール主体の配球に変更し相手打線を手玉に取った。

 「冬の間はピンチの時に粘れるよう練習に取り組んだ。精神面で成長できたことが、凄く大きい」。昨秋までは勝負どころで弱さを露呈。昨夏大阪大会決勝では4点リードを守りきれずに東大阪大柏原(大阪)の前に涙をのみ、昨秋の近畿大会準々決勝でも途中までリードしながら天理(奈良)に逆転負けを喫した。オフには肉体面強化と並行して精神面の強化にも着手し、心理学の本を熟読して新境地を模索。その努力がこの日の投球につながった。

 出場校中トップのチーム打率・392を誇る打線の援護も受け、143球の完投。三振は大谷より1つ多い12個を奪った。「浪速のダルビッシュ」は「ピンチでの粘りの投球には、自分もプレッシャーを受けた」とライバルを称え、「次は自分がチームを引っ張る投球がしたい」と高みを見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース