「おかわり君2世」大阪桐蔭・田端 10キロ減量で大谷にトドメの一発

[ 2012年3月22日 07:25 ]

<花巻東・大阪桐蔭> 回表、田端が左越え2ランを放つ(投手・大谷)

第84回選抜高校野球第1日 大阪桐蔭9-2花巻東

(3月21日 甲子園)
 「おかわり君2世」の異名を取る大阪桐蔭の4番・田端が、花巻東・大谷に引導を渡した。1点リードの7回に高校通算24号となる2ランを左翼席に運んだ。

 「(球数が100球を超えてからは)スライダーが多かった。気持ちで見下ろすように打席に入った」と田端。狙い球を絞っての一撃だった。昨秋から10キロ減量して、なお85キロ。同校OBの西武・中村に憧れる田端は大会前から「いい投手をどれだけ打ち崩せるか。勝負してみたい」と言い続けてきた。その思いを初戦で体現した。

 ▼西武中村(02年卒OB)逆転を信じていました。1回戦を突破したので、このまま優勝を目指してほしいです。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース