健大高崎 三木 強気に内角攻め「自分でも出来過ぎかなと思う」

[ 2012年3月22日 14:35 ]

<天理―健大高崎>6回裏天理1死一塁、隈元を併殺に打ち取り、ガッツポーズの健大高崎・三木
Photo By スポニチ

第84回選抜高校野球第2日 第2試合 高崎健康福祉大高崎9-3天理

(3月22日 甲子園)
 健大高崎の三木は低めに集める丁寧な投球で、3失点完投と勝利に貢献した。6~8回はいずれも併殺で締め「コースにしっかり投げ分けたからゴロになった」と誇った。

 昨夏の甲子園では救援で登板したが「去年は先輩方が引っ張ってくれた。今年は自分が引っ張らないと、と思っていた」と言う。その思いを春のマウンドで体現した。強気に内角を突きながら抑えたことに「自分でも出来過ぎかなと思う」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月22日のニュース