松坂超えた46度目2ケタK 杉内「引退までそういう投球をしたい」

[ 2011年7月31日 08:13 ]

パ・リーグ ソフトバンク3―2日本ハム

(7月30日 ヤフーD)
 ソフトバンクの杉内が12三振、ダルビッシュ(日本ハム)が11三振を奪い、いずれも現役最多となる通算46度目の2桁奪三振を達成。並んでいた45度の松坂を抜き、そろって歴代5位タイに浮上した。高卒7年目のダルビッシュは、早さでも8年間で45度の松坂を上回った。

 杉内は「(三振を奪う)才能を持っているんでしょうから、引退するまでそういう投球をしたいとは思う。でも、勝たないとピッチャーは楽しくない」。その言葉通り試合に勝ち、ダルビッシュとの公式戦の直接対決を3勝3敗とした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月31日のニュース