山崎が先制打「先制すればあいつのペース」

[ 2011年7月31日 19:26 ]

パ・リーグ 楽天―ロッテ

(7月31日 QVC)
 楽天は少ない好機をきっちり得点に結び付けた。0―0の4回1死二、三塁で、山崎が中前に2点適時打。やや詰まった当たりだったが力で運び、試合を決める一打となった。

 粘りながら8回まで投げた田中に勝ち星を付け、山崎は「先制すればあいつのペース」とうれしそう。ただ自身の調子について話しが及ぶと歯切れが悪く、4番打者は「納得いくスイングができていない。空振りでも、これでいいのだというのができていない」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月31日のニュース