「何をやってもうまくいかない」ヒメネス 中継ぎ降格へ

[ 2011年7月31日 06:00 ]

パ・リーグ 楽天2-6ロッテ

(7月30日 QVC)
 楽天・ヒメネスが独り相撲で試合をぶち壊した。初回1死一、二塁でカスティーヨの投ゴロを二塁へ悪送球。併殺どころか先制点を許した。

 3回も死球でピンチを広げて2点を失い、3回3失点で降板。「何をやってもうまくいかない1日だった」と肩を落とした。6度目の先発で未勝利の新外国人右腕。チャンスを与え続けてきた星野監督も我慢の限界に達し「ランナーを出すとダメだな。(先発は)遠くなるだろう。勝負の世界だからしようがない」と中継ぎ降格を示唆した。

 ▼楽天・佐藤投手コーチ 球は悪くないけど悪送球がダメ。早期降板?お仕置きだろ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月31日のニュース