期限前日にヒメネスら 大リーグの移籍活発化

[ 2011年7月31日 18:32 ]

 米大リーグは30日、ウエーバーを経ずにトレードできる期限を翌日に控えて移籍が活発化した。28日に福留孝介外野手が加入したインディアンスは昨季19勝のウバルド・ヒメネス投手をロッキーズから4選手との交換で獲得した。ヒメネスは160キロ近い速球を武器とする右腕で昨年4月に無安打無得点試合を達成している。

 パイレーツは打線強化のためにオリオールズから通算324本塁打のデレク・リー内野手を迎えた。昨季のワールドシリーズ覇者ジャイアンツは守備に定評のあるオルランド・カブレラ内野手をインディアンスから加えた。ダイヤモンドバックスは先発右腕のジェーソン・マーキー投手をナショナルズから獲得した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月31日のニュース