涙でオ軍に別れ…上原「トレード自体を考えたことがなかった」

[ 2011年7月31日 18:10 ]

レンジャーズ移籍が決まり、涙ぐみながら質問に答える上原浩治投手

 レンジャーズ移籍が決まった上原は、オリオールズへの思いを口にして涙を見せた。

  ×  ×  ×  

 ―移籍については。

 「強いチームが自分を必要としてくれているのはすごくうれしいが、オリオールズで2年半やってきたので寂しい思いもある。まだ気持ちが整理できていない。本当にトレードされるということ自体を考えたことがなかった。頭の中が真っ白」

 ―オリオールズでの2年半は。

 「最初の2年間は(故障して)申し訳ないという思いがあって、ことし頑張ってきた」

 ―レンジャーズの印象は。

 「とにかく打線がすごくて強い。先発投手がいいので気持ち良く、これまで通り全力投球でやりたい。本拠地の暑さ対策を考えていかないと」

 ―優勝を争える。

 「オリオールズでは優勝争いができなかったので、どういう雰囲気なのか楽しみ」

 ―高校で同学年だった建山と同僚に。

 「初めてのチームメートで、もしかしたら最後のチームメートになるかもしれない。あいつとはそういう運命にあるなと」(共同)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月31日のニュース