松井3安打で打率2割5分台に上昇「寂しい話ですけどね」

[ 2011年7月31日 06:00 ]

ツインズ戦前に、日米通算500本塁打達成の記念トロフィーを手に、ファンの声援に応えるアスレチックス

ア・リーグ アスレチックス5―9ツインズ

(7月29日 オークランド)
 アスレチックスの松井が打率を5月3日以来の2割5分台に乗せた。ツインズ戦で4打数3安打で7試合連続安打。後半戦4度目の1試合3安打以上で、前半戦終了時の・209から出場13試合で52打数24安打と打ちまくり打率は一気に・251。「(2割5分台は)寂しい話ですけどね。でも上がってくれるに越したことはない。もっと上がるといい」と話した。

 2打席目から左翼線二塁打、中前打、右前打と打ち分けた。試合前には20日のタイガース戦で達成した日米通算500本塁打の祝福セレモニーを球団が実施。プレー映像が大型スクリーンで流され、巨人とア軍のロゴが入ったトロフィーが贈られた。「非常にうれしかったですし、心遣いには感謝しています」。感謝を胸に、残りシーズンもひたすら打ち続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月31日のニュース