Rソックスが黒田獲り加速 本人は「決まっていない」

[ 2011年7月31日 06:00 ]

 レッドソックスがドジャース・黒田のトレード獲得へ、本格交渉に入った。FOXスポーツ(電子版)は30日(日本時間31日未明)、ド軍側へ獲得への動きを強めていると報じた。

 レ軍は、松坂が右肘の腱移植手術で復帰は来夏。さらにバックホルツの腰痛が長引き、8月1日に受ける再検査次第では今季絶望の可能性もあり、先発補強は急務となっている。獲得候補に入っていたビダード(マリナーズ)が29日のレイズ戦で1回1/3KOの大炎上。黒田を本命候補として一気に動いた。

 トレード期限は本拠地ロサンゼルスの31日午後1時(同8月1日午前5時)。ド軍のネド・コレッティGMは29日に「球団にとって理にかなっていたら最後は黒田に任せる。考える時間を与えたい。相手は絞られてきている」と30日に交渉相手を正式に黒田に伝えることを明かした。ヤンキース、タイガース、インディアンスも獲得に動いており、トレード拒否権を持つ黒田の最終決断の時は迫っている。残留か移籍か。黒田は「一瞬一瞬で気持ちも変わる。現時点で方向性は決まっていない」と揺れる胸中を吐露した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月31日のニュース