巨人が逆転勝ち!トーレス来日初勝利

[ 2011年7月28日 20:31 ]

5回、同点の2点適時打を放ち、大西コーチ(左)と喜ぶ巨人・ラミレス

セ・リーグ 巨人9―2横浜

(7月28日 東京D)
 巨人が逆転勝ちした。ラミレスが、0―2の5回に同点の2点適時打を放った。1死二、三塁で、リーチの速球を捉えて左翼フェンスを直撃させた。その後も相手のミスで得点を重ね、この回、計4点を奪い逆転した。

 13日の阪神戦での死球の影響で前半戦終盤は欠場が続いていた。これが復帰後初の安打。「1本目の安打がいい場面で出てうれしいよ」と喜んだ。

 巨人は8回にも5点を加えた。トーレスが5回2失点で来日初勝利。

 横浜はバッテリーのミスが失点につながり自滅した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月28日のニュース