明徳義塾が連覇!馬淵監督「こんなに苦しい決勝は初めて」

[ 2011年7月28日 06:00 ]

<明徳義塾・高知>3季連続の甲子園出場を決め喜ぶ明徳義塾ナイン

高知大会決勝 明徳義塾2-1高知

(7月27日 高知県営春野)
 明徳義塾が高知との息詰まる投手戦を制し、3季連続の甲子園出場を決めた。

 8回1死二塁から4番・北川が適時打を放ち均衡を破ると、9回にはスクイズで加点。先発の尾松は「守りに入らないことだけを考えた」と、直球とスライダーで強気に内角を攻め、8回まで無安打投球を続けた。9回に1点差に迫られ、なおも2死二塁のピンチを1失点で逃げ切ると、感極まって泣き崩れた。北川も「2点を取って“勝てる”と思ったが、すんなりとは終わらせてくれなかった」と安どの表情。

 馬淵史郎監督は「私の監督生活の中でも、こんなに苦しい決勝は初めて。尾松がよくしのいでくれた」と振り返った上で、「センバツの借りを返す」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月28日のニュース