レオ打線 小林にリベンジ!球宴明け3連勝

[ 2011年7月28日 06:00 ]

<西・ロ>初回1死三塁 中島(右から2人目)は、先制の中犠飛を放ち生還した栗山(1)とハイタッチ

パ・リーグ 西武4-1ロッテ

(7月27日 西武D)
 西武打線は前回対戦でプロ初勝利を許した小林から、効果的に得点を重ねた。

 初回、3、4回に犠飛で1点ずつを挙げ、5回2死二塁からは原が左中間二塁打で計4点。渡辺監督は「非常にいい攻撃。相手を立ち直らせることなく点を取った」。2打点の原は「(2番は)いろいろな仕事があるので自分で考えながらやっています」と胸を張った。チームは後半戦開幕から3連勝。投打の歯車がかみ合ってきた。

 ▼西武・栗山(2安打2得点)良い形でチャンスメークができた。きょうはいい方向に行った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月28日のニュース