智弁学園大会新10発快勝V!小坂監督「力がある」

[ 2011年7月28日 06:00 ]

<智弁学園・桜井>1回、石政のスイングをアピールする智弁学園・青山

奈良大会決勝 智弁学園8-3桜井

(7月27日 佐藤薬品スタジアム)
 智弁学園の強力打線が、決勝でも3本塁打と爆発した。

 1点を追う3回に2年生エースの青山がバットで3試合連発となる右越えの逆転2ラン。4回に山口、7回には中道が一発を放ち、1大会10本塁打は大会記録を3本も更新した。小坂将商(まさあき)監督は「このチームは力がある」と手応えを口にした。

 昨夏は決勝まで進みながら、天理に1-14で惨敗。その試合に3番手で登板し、小坂監督から「味方がエラーしたら、すぐ顔に出る」とカミナリを落とされた青山は精神面でも成長した。来年のドラフト候補は「投球では力まないように、打つ方は本来の逆方向を意識したバッティングを甲子園でもしたい」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月28日のニュース