野々村監督の腹切り発言「末代までの恥 死にたいですね」

[ 2011年7月28日 11:28 ]

 ▽野々村監督の腹切り発言 昨春のセンバツ1回戦で、開星は21世紀枠で出場の向陽(和歌山)に1―2で敗戦。試合後「21世紀枠に負けて末代までの恥。腹を切りたい。死にたいですね」などと発言した。翌23日に日本高野連から口頭で厳重注意された野々村監督は、光沢のある銀のスーツ姿で会見し「高野連と21世紀枠、向陽高校を侮辱する気はなかった。心からおわびしたい」と涙ながらに謝罪。当初は続投の意向も抗議電話が殺到するなどし、25日付で学校に辞任を申し入れた。今年4月12日に監督に復帰。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月28日のニュース