エース古市奮投!日南学園4年ぶり甲子園だ

[ 2011年7月28日 06:00 ]

宮崎大会決勝 日南学園4-3延岡学園

(7月27日 サンマリン宮崎)
 日南学園が接戦を制して4年ぶり6度目の出場を決めた。2回にエース古市の適時二塁打などで2点を先制。3回に古市が3点を失って逆転を許したが、6回に山本の2点右前打で逆転に成功した。

 激戦をくぐり抜けて選手たちはたくましくなっていた。準決勝の鵬翔戦では延長12回の激闘を制した。谷口主将は「ピンチを乗り越えてきたことが自信になった」と話した。寺原(オリックス)らを育てた小川茂仁前監督からチームを引き継いで初めて優勝に導いた金川豪一郎監督は「明るいチーム。甲子園でも思い切りやらせたい」と甲子園での戦いを楽しみにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月28日のニュース