だから松坂に言いたい 大塚「チームにいたら大丈夫」

[ 2011年7月26日 07:43 ]

 レッドソックスの松坂大輔投手(30)が先月、受けた右肘の腱移植手術(トミー・ジョン手術)と同じ手術を3度も受けた前レンジャーズの大塚晶則投手(39)は、4年ぶりのメジャー復帰へ、今夏以降のトライアウトを目指している。 

 同じ手術を受けた松坂に言えることがある。「チームにいたら大丈夫。僕は一人だから難しかった。絶対に復帰できる。球団は復帰プログラムをちゃんと持っている。それに沿って焦らず進めばいい」。電話でも、そう伝えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース