「増渕兄弟」あるぞ!小川監督 弟に興味

[ 2011年7月26日 06:00 ]

スタッフと談笑する小川監督

 ヤクルト・小川監督が今秋ドラフトでの「増渕兄弟」誕生に興味を示した。増渕の弟・雅也は鷲宮の左腕エース。今夏の埼玉県大会は5回戦で本庄一に敗れたが、スクリューを操る最速138キロの好左腕だ。

 神宮室内で全体練習に参加した小川監督は「プロ注目の選手みたい。兄弟が(同じ球団に)2組もいたら話題性はあるよね」。仮に指名となれば、ヤクルトでは由規、佐藤貴規の「佐藤兄弟」に続く兄弟選手の誕生となる。

 雅也は兄の背中を追って鷲宮に入学し、スリークオーター気味のフォームもうり二つ。尊敬する兄と同じプロ入りを夢見てきた。増渕は弟について「僕より身体能力が高い。体ができてくれば面白い」と評し、「兄弟でプロに入れたらいいですね」と目を輝かせた。中日・堂上、阪神・新井ら兄弟選手が活躍する中、「増渕兄弟」の行方にも注目が集まる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース