森田 プロ初打席本塁打!母校甲子園出場に祝砲!

[ 2011年7月26日 21:39 ]

5回、プロ初本塁打となる同点2ランを放ち、一走藤井彰(左)に迎えられる阪神の代打森田

セ・リーグ 阪神5-3中日

(7月26日)
 。この日プロ4年目で初めて出場選手登録され、1―3の5回1死一塁に代打でプロ初打席に立った阪神の森田が同点2ラン。中日に傾いた流れを強引に引き戻した。「結果を恐れずに思い切っていこうと決めていた」とチームも借金を1とし、単独2位に浮上しただけに。満面の笑み。プロ初打席本塁打はチーム初で、両リーグ通じて50人目。「フルスイングできてよかった」と語った。この日は母校の岡山・関西が甲子園大会の出場を決め「僕も頑張らないと」と発奮材料もあった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース