星野監督 エコ練習で夏場を乗り越える

[ 2011年7月26日 06:00 ]

 楽天の星野監督が「エコ練習」で夏場を乗り切る。

 チームの主力は42歳の主砲・山崎を筆頭に、35歳の高須と松井稼、34歳の草野とベテラン勢が多い。8月2日の西武戦(Kスタ宮城)からは13連戦も控えており、「夏場は試合前練習を減らす。フリー打撃を5分から2分にしたり、ノックも汗をかく程度にしたりな。(試合前の)シートノックを免除してもいい」。これまでは球宴時点でシーズンの約3分の2を消化していたが、今季は東日本大震災の影響で半分を残している。パ・リーグの移動の過酷さも感じており「疲れを残さないようにしないと」と、ベストな状態を維持するよう最善策を練る。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース