激戦神奈川4強決まる 桐蔭学園 延長戦制す

[ 2011年7月26日 17:20 ]

神奈川大会準々決勝

(7月26日 横浜)
 第93回全国高校野球選手権神奈川大会は26日、横浜スタジアムで準々決勝2試合を行い、12年ぶりの夏の甲子園を目指す桐蔭学園が強豪武相と対戦。2点を追う展開から6回に同点とし、延長12回に佐藤の中前適時打で値千金の決勝点を入れ、3―2で逃げ切った。春季県大会で桐蔭に敗れていた武相のリベンジはならなかった。

 川崎市同士の対戦となった桐光学園と法政二の対戦は、桐光が藤島の本塁打などで、10―3で7回コールド勝ち。4年ぶり4回目の夏制覇へ一歩前進した。法政二は優勝した88年以来、23年ぶりの準決勝進出はならなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース