松井 チーム逆転の口火切る中前安打

[ 2011年7月26日 15:15 ]

レイズ戦の7回、中前打を放つアスレチックス・松井

 アスレチックスの松井秀喜外野手は25日、オークランドでのレイズ戦に「3番・左翼」で出場し、4打数1安打だった。内容は四球、右飛、遊ゴロ、中前打、一ゴロで打率2割3分7厘。9回の守備から退いた。チームは7―5で勝った。

 ▼松井の話 (逆転した7回の)集中打が良かった。その最初だったので良かった。沈むような球だった。低かったが、コースが甘かったのでついていけた。(好調は)続けばいいが(打席で)意識することは一緒。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年7月26日のニュース