痛恨…成瀬「あの1球です 甘かった」

[ 2011年7月26日 06:00 ]

<西・ロ>8敗目を喫した成瀬

パ・リーグ ロッテ2―4西武

(7月25日 西武ドーム)
 ロッテの成瀬が痛恨の1球に沈んだ。2―2の8回1死一塁で、中島に左越え2ランを被弾。甘く入った140キロ直球を完璧に捉えられた。

 チームは2カ月ぶりの勝率5割復帰に失敗。4失点完投も8敗目を喫した左腕は「あの1球です。甘かった。結果が出ないのは悔しいの一言」と言い残して足早にバスへ乗り込んだ。エースとして送り出されながら、今季は終盤の勝負どころで一発を浴びるケースが目立つ。西村監督は「あの回で失投があったらチームとして痛い。(成瀬は)同じ失敗の繰り返し」と語気を強めた。

 ▼ロッテ・伊志嶺(5回2死満塁から2点中前打)初回にバントを失敗していたので、何とか取り返したかった。切り替えて、1本打てて良かった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース