尚成痛恨!サヨナラ許し「急いでつくりすぎて…」

[ 2011年7月26日 11:29 ]

 エンゼルスの高橋尚成投手は25日、クリーブランドでのインディアンス戦で2―2の9回1死満塁、4番手で登板し、2死とした後にサヨナラ打を許した。1/3回を1安打無失点。勝敗は付かず、試合は2―3のサヨナラ負けだった。

 ▼高橋の話 (同点の9回1死満塁で登板)クローザーが最後までいくと思っていた。あの場面での登板はまさかだと思った。まだ肩ができていない状態で(サヨナラ打を許したのは)仕方ない。急いでつくりすぎて息が上がったのは初めて。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース