金本 新井に猛ゲキ「やる気あるのか、4番として!」

[ 2011年7月26日 06:00 ]

 阪神・新井が金本から4番の心得として猛ゲキを受けた。本拠地での練習後に取材を受けていると、前4番の先輩が近寄ってきた。

 「全て4番にかかっとるで。全部4番よ」。いつもの新井いじりのように見えるが、目は真剣。さらに「俺は自分で責任を取り、尻をふいてきた。やる気あるのか、4番として!君の背中に頼っていいんだな」。

 厳しい剣幕で突っ込まれた新井は「頼ってください」と一言。金本は続けざまに「負けたら全て4番(の責任)。0―10で負けても4番」と責任の重さを説いた。不振で7日から7試合にわたり6番に降格した新井だが、4番復帰後の4試合は打率・444、2本塁打。借金2からの巻き返しは新井の双肩にかかっている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース