初の2ケタ!中田翔 7月初の一発!「後半戦第1打席でいいスタート」

[ 2011年7月26日 14:44 ]

1回裏2死一塁、中田が右中間に先制2ランを放つ

パ・リーグ 日本ハム―オリックス

(7月26日 帯広)
 日本ハムの中田がペナントレース後半戦の最初の打席で、10号本塁打。入団4年目で初の2ケタ本塁打を記録した。

 初回、オリックスの金子千から右中間へ運んだ2点本塁打は6月18日の広島戦以来となる、24試合ぶりの一発だった。

 「甘いところに来たらコンパクトに振りに行こうと考えていた。外寄りの真っ直ぐに対して逆らわず、完璧に叩けたかと。仕切り直しの後半戦第1打席でいいスター トが切れたし、ひとつひとつの打席をしっかり意味のあるものにしていきたい」と、久々の一発に充実感がみなぎっていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月26日のニュース