海星 永江2戦連発同点2ラン!6回一挙6点!

[ 2011年7月21日 06:00 ]

長崎大会準々決勝 海星9―2諫早

(7月20日 長崎県営)
 海星は諫早戦の2点を追う4回無死一塁、3番・永江が右翼へ2試合連発となる同点2ラン。5回に勝ち越すと、6回に一挙6点を挙げて3戦連続のコールド勝ちを収めた。

 高校通算24本塁打となった永江は、3回戦の大崎戦で1試合2本塁打。最速148キロ右腕としても4回から救援で登板し、4イニングを2安打1失点に抑えた。昨夏は決勝で長崎日大に敗退。「昨年は自分が打たれ、自分は打てずに負けた。最後の夏は気持ちで抑え、悔いなく全力で打ちたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月21日のニュース