東海大相模 2試合連続コールド勝ち 横浜と大一番

[ 2011年7月21日 17:20 ]

 第93回全国高校野球選手権大会(8月6日から15日間、甲子園)で甲子園での春夏連覇を目指す東海大相模が神奈川大会4回戦で湘南工大付に8―0で圧勝。2試合連続コールド勝ちと順調だ。

 3番・田中が2ランを含む3安打3打点をマークするなど自慢の強力打線は13安打を放ち、3人の継投で2安打に抑えた。ほぼ完璧な内容にも門馬監督は「まだまだ」と手綱を緩める気配はない。

 5回戦は横浜との大一番。同監督は「昨秋の神奈川大会で横浜に負けた悔しさで、このチームは始まった。ありったけの力でいく」と気合を入れていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月21日のニュース