中田、ダル兄貴援護の同点打!稲葉V弾!!

[ 2011年7月21日 06:00 ]

<日・楽>4回無死二塁、中田が田中から中前に同点適時打を放つ

パ・リーグ 日本ハム3―1楽天

(7月20日 東京D)
 前半戦ラストゲームでも日本ハム・中田の勝負強さが光った。1点を追う4回無死二塁、田中が投じた初球のスライダーを中前にはじき返す同点適時打。球界屈指のエース対決でもしっかりと自身の見せ場をつくり「(田中は)あらためて凄いと思った。追い込まれたら打てないくらいの気持ちで打席に入りました」と振り返った。

 2回の第1打席は交流戦中盤から取り入れたノーステップ打法で臨み三邪飛。しかし4回には前日同様に左足をすり足でステップさせ、初球から結果を残した。折り返しの72試合目でリーグ2位タイの51打点目を挙げ、シーズンでは102打点ペースだ。

 中田に続いたのは稲葉だ。無死一塁で右越えに2戦連発となる決勝弾を放ち「(中田)翔が打って追いついてくれたので、その流れで打たせてもらった。」。エースと上がったお立ち台では「(ダルビッシュは)頼もしいですし、背中がでかいです」と笑った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月21日のニュース