代役で球宴出場の日本ハム投手 西武新人と“焼津市民リレー”?

[ 2011年7月21日 10:35 ]

 日本ハムでセットアッパーとして活躍中の静岡高出身、増井浩俊投手(27)が22日から行われるオールスターゲームに出場することになった。出場が決まっていたソフトバンクの馬原投手が右肩痛で辞退したために代役として選ばれたもの。増井は「目標はオールスターに選ばれるような選手だったのでとてもうれしい」と声を弾ませた。

 今季はここまで0勝2敗と勝ち星こそないものの、MAX153キロの直球を武器に29回1/3を投げ17安打30三振、防御率1・53と安定。守護神・武田久の前で救援陣の一角として、きっちり仕事をしてきた。球宴では「普段から全力なのでこれ以上のスピードは出ないかも。でも、真っすぐで三振を取れるよう頑張りたい」。12月に第1子も誕生するが、同級生で西武の抑え・牧田和久投手(26)との“焼津市民リレー”も期待できそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月21日のニュース