センバツ出場の佐渡 まさかの9回逆転サヨナラ終戦

[ 2011年7月21日 06:00 ]

<新潟明訓・佐渡>春夏連続甲子園を絶たれ、ベンチ前でがっくりうなだれる佐渡ナイン

新潟大会4回戦 佐渡2―3新潟明訓

(7月20日 三條機械)
 佐渡の夢は土壇場で断たれた。今春センバツに21世紀枠で初出場。春夏連続出場へ、昨夏代表の新潟明訓を相手に2―0で9回を迎えた。しかし先発・鎌田が最後に力尽き、3点を失って逆転サヨナラ負け。よもやの結末に、ナインは誰もがガックリと肩を落とした。

 「最後がこういう結果になって…。悔しいですね」。深井浩司監督も無念の表情だ。初回に相手暴投で先制。8回には押し出し死球でリードを広げた。鎌田は8回まで毎回安打を許すも、要所を締める粘投。バックも3併殺でもり立てたが、9回は1点差とされ、最後は2死二、三塁から相手主将の伊藤に左中間へのサヨナラ打を浴びた。

 「(点を)取るべき場面で取れていない。打って取れなかったのが敗因です」と深井監督。2回無死二塁、5回2死満塁で無得点。8回も押し出し死球後、さらに無死満塁から得点できなかったことが響き、春に続く夢には届かなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月21日のニュース