松井に被弾はメジャー初登板左腕「500号は知らなかった」

[ 2011年7月21日 13:24 ]

松井に節目の一発を浴びたタイガースの左腕ビーロー

ア・リーグ タイガース5-7アスレチックス

(7月20日 デトロイト)
 松井に節目の一発を浴びたタイガースの左腕ビーローは、メジャー初登板初先発だった。報道陣から日本で有名になるのではと聞かれ「あれが500号になったとは知らなかったが、彼がよく打っているのは知っていたよ」と苦笑いした。

 マイナー3Aでの今季9勝4敗の実績を買われてデビューとなった25歳は、6回の松井に対しては速球が浮いたことを悔やみ「次はいい投球をしたい」と再戦を楽しみにしていた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月21日のニュース