“金本2世”散る!プロ注目の丸子3安打も…

[ 2011年7月21日 06:00 ]

広島大会3回戦 広陵4-5近大福山

(7月20日 呉二河)
 広陵は近大福山を相手に、まさかの3回戦敗退を喫した。3―2で迎えた7回に3点を奪われ逆転負け。高校通算45本塁打を誇り、母校の大先輩になぞらえ「金本2世」と呼ばれるプロ注目の丸子は3安打したが、最後の夏に甲子園には届かなかった。

 同じくプロ注目のエース・上原とともに進学を希望。「大学でもランナーを還せるような勝負強い打者になりたいです」と話した。中井哲之監督は試合後、さっそく新チームの主将に息子の惇一を指名して再始動。「秋は絶対に勝ちます」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月21日のニュース